2013年05月12日

イギリス歌曲♪

 久しぶりに降った週末の雨雨 草花には必要かな…。
 そんな雨の中の練習でしたが、全パートそろって練習できました右斜め上わーい(嬉しい顔)
 「ご無沙汰してまぁす!」っという声もありつつ…。しかしexclamation不思議と練習を進めていくうちに声が溶け込んできました。アンサンブルならではの楽しさであり、充実感なのかもしれません。

 練習前半戦では、イギリスのマドリガルを練習しています。この曲からも多くのことを学べます。
発声はもちろんですが、移動度で歌ってみると見えてくる他旋律との絡み合いや和声のお仕事etc・・・。
数小節を何度も何度も繰り返して行う練習…ダッシュ(走り出すさま)懐かしい光景。ぴかぴか(新しい)そうだexclamation×2オランダでのレベッカ氏とのレッスンだッexclamation×2そういば、数小節を半日かけて、練習した授業もありました。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

 歌詞付けの前に毎回行う、(元英語教師による)歌詞読みレッスン&(朗々と語り読みをしてくれるEさんの)日本語訳本
日常からの脱却…ゆっくりと時間(とき)が流れていくようですグッド(上向き矢印)


posted by chika at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アルスDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

五月晴れ!

 待ちに待ったGWわーい(嬉しい顔)慌ただしかった4月の1ヶ月間をリフレッシュする良い機会です。
GW前半戦も後半戦も珍しくお天気に恵まれ晴れ気持ちの良い毎日です右斜め上

130429_142435.jpg

 魚釣りへ出かける散歩道に咲いていたツツジ達exclamation
五月晴れによく映えますぴかぴか(新しい)

 昨日のアルスの練習は、連休中にもかかわらず常連メンバーにより全パートそろって練習できましたるんるん
最近の練習に取り入れているのは・・・ハーモニー☆リズム☆母音発声☆フレーズ等々・・・
どの合唱団でも当たり前のように行っていることでしょう。けど、自分たちのウィークポイントを知り、意識して練習していく。躍進的ではありませんが、アルス的でしょうねダッシュ(走り出すさま)

 今後の5月の練習予定は・・・毎週土曜日(11日、18日、25日)のPM6:30〜9:00です。見学随時歓迎でするんるん



posted by chika at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アルスDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

春のご挨拶♪

 桜の開花が例年よりも早かったせいか、春の訪れを感じています。かわいい
通勤途中にある桜並木やフラワーパークなどを眺めては、心癒されています揺れるハート

 先週の練習は、春の嵐(大雨)の天気予報に急遽練習を中止にしました。
何の被害もなくてよかったですね。わーい(嬉しい顔)

昨日は通常練習るんるんあいかわらずの少人数制ですがダッシュ(走り出すさま)

集まったメンバーが、音楽を媒介に同じ時間(とき)・空間を過ごす・・・ここに「有意義」がプラスされ、心の英気( いきいきと働こうとする気力。元気。という意味)を養うことにつながるのではないでしょうか。

 決して、ルネサンスをこよなく愛し、深く追求するだけの団体ではありません。(笑)
音楽の原点に還ることで、純粋に歌うことが好きな合唱団なのです。ですから、音楽経験や知識はないけど、「純粋に歌うことが好き」「声だけのハーモニーを体感してみたい」という仲間を待っています。



 活動場所はこれまでと変わりませんが、建物の名称が変わりました。
佐鳴台協働センター
練習日は原則毎週土曜日(18:30〜21:00)です時計駐車場あります車(セダン)

2013年02月24日

告知♪

 来月、公民館で行われる『ふれあいコンサート』に出演しまするんるん
‘どんな合唱団なの?’‘どんな音楽をやっているの?’‘合唱をやってみたいと思っているのだけど…。’という方々!
是非、ステージを御覧下さい。百聞は一見にしかずexclamation×2ですわーい(嬉しい顔)

詳細は以下の通りです演劇
とき;3月9日(土曜日)
場所;佐鳴台公民館(浜松市中区)
   駐車場あります車(セダン)
出演時間;14:35〜14:50(予定)
*進行によって時間が前後します。お時間にゆとりをもってお出かけ下さい。

お問い合わせ先;
mail toアドレス・・・antiqua1982@gmail.com
posted by chika at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

第23回静岡県ヴォーカルアンサンブルコンテスト

 先週末2月3日(日)に島田市民総合施設 プラザおるりというところで、ヴォーカルアンサンブルコンテストが行われ、久々にアルスも出場exclamation&question参加exclamation&questionしましたるんるん

 全メンバー参加とはいきませんでしたが、参加できるメンバーでより良いステージを創ろうとのぞみました。あまりステージに立つ機会がないため、私たちにとって一つ一つが良い修行の場となります。わーい(嬉しい顔)

 浜松駅を出発し東海道線の電車にゆられること40分、島田駅に到着しました。
事前練習を前に早速大事なexclamation忘れ物に気づいたメンバーがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

下の写真は、今回大活躍した「NEWピッチパイプ」&「大正琴」です。(どのように活躍したのかはご想像ください右斜め下
アンコン.jpg

アンコン当日にして、参加者全員そろって初ぴかぴか(新しい)練習できたこの時間は、アンサンブルコンテストにとって私たちにとってとても有意義なものになりました。(みんなで音楽を創り上げているって感じがしました。グッド(上向き矢印)
本番では、小事故も続出しましたがダッシュ(走り出すさま)、「楽しかったかわいい」「幸せだったかわいい」「(この曲を歌えたことに)感謝かわいい」というようなコメントをメンバーからもらいました。

右の写真は打ち上げの様子ですカメラアンコンA.jpg
この表情がすべてを物語っていますね右斜め上

2013年01月20日

1月19日の練習より♪

 2013年3回目となる練習がありました。
今回はアンサンブルexclamation&questionにふさわしく1人1パートで歌うパートもありました。わーい(嬉しい顔)それでも部分練習になれば、1人で歌うこともあり…るんるん
しかし、不思議とそれが自然と楽しさexclamation&question喜びexclamation&questionに変わっていくのはアルスならではだと思います。

 今回のテーマは‘繰り返し’で、‘繰り返し’でてくるフレーズ、‘繰り返し’の言葉、‘繰り返し’練習するetc…たっぷり‘繰り返し’をしました。右斜め上

 次回の練習は27日(日)16:00〜佐鳴台公民館に変更されました。
posted by chika at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アルスDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

新年のご挨拶♪

2013年が始動しましたるんるん
昨年中は、皆様に大変お世話になりました。2012年は、アルスにとって、30周年という節目の年を迎え記念コンサートを通して、形にできましたことは大きな意味のある年でした。
多くのメンバーが30周年を共に迎えている団というのも、大変珍しく貴重なことだと思っています。

2013年も一歩一歩アルスとしての軌跡が継続できるようまい進していきたいです。そしてexclamation×2ブログ管理者としては、今年こそ手(グー)こまめにブログ更新をしていきたいです。わーい(嬉しい顔)

さて、1月5日から練習が開始されて、12日に2回目が行われました。
新年いろいろ忙しく全員そろうことはないのですがたらーっ(汗)、その時々のサウンドは1回きりのライブですから大切にそして有意義にしていきたいと思います。

新年を迎えて、何か始めてみようかと思っている方右斜め上
是非、一緒に歌いましょうるんるん
お気軽にお問い合わせ下さいね演劇
 mail toアドレス・・・antiqua1982@gmail.com

2012年12月09日

Adieu!

「Adieu!」とは、仏語や英語で「さようなら!」「いざさらば!」という意味です。本
先日、メンバーの一人Nさんが突然の辞令転勤により、ここ浜松を去り新天地に向かうことになりましたもうやだ〜(悲しい顔)

 Nさんとの出会いは、今年4月というホントに短い期間でしたが、毎週熱心に参加しとにかく真面目な好青年で、メンバーたちから(特にテナーのベテラン陣から)は可愛がられ、頼りにされていました。
短い期間とはいえ、思い出は様々で…30周年の記念コンサートで一緒にステージに立ったことは大きな業績でもありまするんるん

 団長の粋な計らいで、新たな門出を祝うNさんへのプレゼント曲に選んだのが、「Adier Sweet Amarillis」なんです。
Nさんへのプレゼント曲であったにもかかわらず、Nさんが最後の練習に来てから一緒に細かな練習をするというわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)なんともアルスらしいはなむけの曲となりました。右斜め上

 こんなアルスの雰囲気や浜松の土地に十分なじんでいたNさんexclamation是非、また歌いましょうねグッド(上向き矢印)
次回は2月3日にexclamation&questionわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

IMG_1642.JPG
練習に連れてきていた息子が撮影した一枚カメラ

IMG_1644.JPG
おまけで一緒にパチリッカメラ




posted by chika at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバーについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

浜松市民合唱祭 2012

 10月もあと数日…。すっかり秋らしい陽気になってきました。
10月21日(日)にアクトシティ浜松中ホールにて第10回浜松市民文化フェスティバルが行われ、私たちアルス・アンティカもcブロック(41番目)に出演しましたるんるん
 この市民合唱祭10時の開会式から始まり総勢59団体が出て終了が19時半という大きなイベントでもあります。

 今回は去る9月17日の記念コンサートにて演奏させて頂いた曲の中でも私たちの心に残る2曲を演奏しました。
 どの曲も長い期間向き合ってきたもので、どれ!とは決められませんが…コンサートのときとは違ったホールの響き味わうことができ、幸せな時間を過ごしました。

 それぞれ趣向の全く違う曲に、あらためて曲間やア・カペラならではの調性の取り方を感じました。
しかし!前で指揮をしながら思うのは、アルスの皆さんの集中力の高さです。右斜め上これは、リハーサルでの出来事を知るものぞ実感するはずですexclamation×2わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
今回も記録写真を取り忘れてしまいましたダッシュ(走り出すさま)

 芸術の秋?食欲の秋?運動の秋?実りの秋?是非、私たちの合唱団にも遊びに歌いに来てみませんか?お待ちしています。わーい(嬉しい顔)

2012年09月30日

続・30周年記念コンサートを終えて…♪

 昨日はコンサート以来となる初ぴかぴか(新しい)練習でした。
いつもの練習風景の中にも何か‘違う’ものを感じました。「充実感」「達成感」「満ちた感」…etc何でしょう?!わーい(嬉しい顔)

 さて、第2ステージからは、片山みゆき先生の指揮による演奏るんるん

P9170053.JPG
衣装はアルスの定番でもある三色ドレスです右斜め上
ムートンの「ミサ・アレルヤ」を通して、片山先生から<発声>や<歌唱>について多くのことを学びました。曲の出だし…5度跳躍は、ムートンの音の世界を感じるものでありながら、歌唱技法の多くを感じるものでもありました。
二声〜五声と編成は様々で、長い間この曲と共に歩みました。。。
歌えば歌うほど、Sanctus(感謝の賛歌)と Agnus Dei(平和の賛歌)の広く知られている歌詞にムートンの音楽が絡み合う音形を発見することができました。

 第3ステージは、今回の副題でもある 〜レクイエム 永遠の光〜を表すものでもありました。
故菅野浩和先生のもとで出会ったビクトリアの「四声のためのレクイエム」。出だしのF・Gで重なり合うあの何とも言えない旋律は、毎回歌う度にドキドキします。
今回はずっと歌いたいと懇願していた「Libera Me(我を解き放ちたまえ)」までも歌うことができて、一同感動です。
菅野先生の奥様とご子息様も東京からお聴きに来て下さり、心から感謝しております。
演奏会終了後に、お声を掛けて下さり菅野先生のお話ができたことは、感激でした。
プログラムの団長ごあいさつに述べられている言葉に、「アルス・アンティカ」の感謝が詰まっているように思います。

このレクイエムに片山先生ご推奨のグレゴリオ聖歌が深く・深く結びつけて下さったと感じています。グレゴリオ聖歌は、音を追う現代譜とは違って、言葉や口承で伝わってきた歴史を肌で感じるものとして、一曲一曲に片山先生の言葉があり、思い出があります。
私自身、留学時に学んだグレゴリオの世界を再度学べたことに幸せを感じます。
以前も書いたことがありますが、このグレゴリオがヨーロッパ音楽の基盤となっていったことを考えても、このグレゴリオ五曲を披露できて本当によかったです。

P9170077.JPG

P9170078.JPG

P9170083.JPG


 話は、まだまだ尽きませんが、こうして多くのお客様と共に30周年記念コンサートを終えられたことが、アルスの喜びであり、また次へのステップともなります。
どうもありがとうございました。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。