2020年07月05日

活動再開♪

 7月になりましたもうすぐ七夕ですね。
七夕の短冊には、コロナ収束と健康を祈って飾りました

 さて、昨日は数か月ぶりの合唱練習を再開しました新しい生活様式の中での活動になりますので、当然、いろいろなことに配慮しながらの再開です。

DSC_0890.JPG

☝こちらも、感染対策の一つです。

音源を聞いたり、テキストを読んだり、ストレッチで体ほぐしをしたり…と、歌うこと以外にも様々なアプローチで<音楽>と触れ合う機会を持つことを模索しています。
でも、久々の再開&再会に、「やっぱり、合唱⇒アカペラっていいものだね♪」とメンバーのつぶやきが聞けたのでした。



posted by chika at 12:29| Comment(0) | 浜松アルスアンティカとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

延期のお知らせ

 暖かい日差しが心地よくなってきた毎日ですが…連日のように報道されている新型コロナウィルス関連のニュース。
世界中が、このウィルスとの闘いに勝つべく、お互いを思いやり平穏な世の中になっていくことを願ってやみません。

 このコロナに私たち合唱界にいる者たち、アルスアンティカも練習を停止している状態です。メンバーとはメールのやりとりをしながら、一日も早い収束⇒メンバーとの再会⇒合唱の再開を心待ちにしています。

 昨年中に計画していた5月31日の合唱セミナーですが、来年以降に延期となりましたのでお知らせします。

このブログでお伝えするのは初めてですので少しだけご紹介をします。今回のこのセミナーは、オランダから私の恩師でもあるレベッカ・スチュワート先生に来日していただき、浜松で「グレゴリオ聖歌〜ルネサンス音楽の合唱セミナー」をしようというものでした。合唱連盟西部支部総会でもご紹介していただいたのですが、この状況になり今年の開催はできなくなってしまいました。
本当に残念ですが、まずは健康第一でいきましょう😃
posted by chika at 19:29| Comment(0) | 浜松アルスアンティカとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

令和元年…初練習♪

 新緑が気持ちの良い季節となりました。5月の令和元年、大型GWを過ごし、新時代へ突入です。
昨日は、令和元年初練習でした。男声は全員出席☆
体ほぐしや発声練習のウォーミングアップから始まり、曲練です🎵

 「SANCTUS」「BENEDICTUS」の二曲ですが、毎回、様々な発見や課題が見付かり…練習を通して音楽を探求する喜びを感じます。

 この新しい時代も平安な日々でありますように、そして、何より健康でありますように祈願して
アルスは一歩一歩活動を進めていきます⤴⤴
どうぞ、よろしくお願いします。
posted by chika at 16:00| Comment(0) | 浜松アルスアンティカとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

2018ふじのくに芸術祭

 師走。早いもので2018年も残すところ1ヵ月となりました。12月だというのに昼間の暖かさは、寒さが苦手な私にとっては有難いですが

 さて、11月25日(日)に静岡市で行われたふじのくに芸術祭に何年ぶりか?!で参加してきましたのでご報告!
この日も朝から気持ちの良いお天気でした
 東海道本線の電車に揺られながら、途中、車窓からは富士山も望むことができました

 私事ですが、その前の日も富士宮に行っていてこの連休は様々な富士山の顔を眺めることができました

 先ずは、用宗で途中下車。ここはメンバーでもあるSさんが住んでいるところ

DSC_0923.JPG
さて、懐かしのSさんはどこにいるでしょうか?

ここでは、最終練習をしたりメンバーMさんがリサーチ&予約してくださったランチ(お寿司)をいただいたりして充実した時間を過ごしました。
DSC_0925.JPGDSC_0924.JPG

Sさん、変わらない笑顔といつもの優しさをありがとうございました。また、待ってますよ☆

 久々の芸術祭でしたが、少人数&平均年齢(平均でいったら1、2番を争うかしら?!💦)という数々のハードルを乗り越えながら、本番では皆さん気持ちよく表現できたことが何よりです。芸術祭でグレゴリオ聖歌を歌い通す合唱団もそういないと思いますが。(苦笑)
これは、私たちの原点であり私の師であるレベッカ氏から直接教えていただいたものでもあるので…これからも大事にしていきたい「もの」でもあります。
 これからもアルスらしく歩んでいきましょう

 PS;「すぐにブログ更新しとくね」っと言いながら一週間たってしまったことをお詫び申し上げます♪
posted by chika at 20:26| Comment(0) | 浜松アルスアンティカとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

9月のレッスン♪

 夏休みは終わりましたが、残暑を感じる日々です…。

 昨日は、智子先生のレッスンがありました。体ほぐしや鼻腔の広がりを感じたり、肺機能を活性化させたり…といつものように、入念なストレッチ&呼吸トレーニングから始まりました。
長く歌うための基礎づくりとしては、大事なことだと思います

 
DSC_0878.JPG

今回のレッスンは、グレゴリオ聖歌を中心に小グループごとに細かくレッスンしていただきました。

 私たちの師であるレベッカ先生の目指すグレゴリオ聖歌の方向性を一つ一つ丁寧に確認することは、どの曲を歌うときにも生かされるスキルが入っています。
キーワードは「ブレス」と「縦方向へ響き」です。
小グループで聞いてみると、人の声というのはほんとに様々なものだなって感じます。でも、この声の方向性がそろえば、こんなにも豊かな響きになるんだと感じたのは、最後の最後に歌った四声の曲です。

 さて、次回の練習が楽しみです→(いろいろな意味で…)

 恒例のレッスン後のお食事会⤴ 食事する手もおしゃべりする口も止まらず、楽しい時を過ごしました。
posted by chika at 18:08| Comment(0) | 浜松アルスアンティカとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

8月のレッスン♪

 8月も残りわずか…。ついこの間、8月に入ったぁ〜!と毎朝蝉の合唱を聞きながら過ごしていたのに。
楽しい時というのは時間が経つのが早いなぁっと感じます

 さて、昨日はレッスン日🎵
今、アルスでは、歌唱の資本でもある体づくりをメインにした山口先生レッスンと私の師でもあるレベッカ先生の目指す音楽の世界を広げるべくレクチャーを受ける智子先生レッスンの2本立てでレッスンを受けています

 昨晩は山口先生のレッスン日でした♪
DSC_0877.JPG

 歌うための体づくりについては、毎回、多くのトレーニング方法や意識することを学びます。いつも練習している協働センターの部屋の横にある和室も!借りて、入念なストレッチや歌うために必要なことについて実に丁寧に教えていただきました。

DSC_0879.JPG

 体中の細部に渡って、意識をしながら筋肉を呼び起こしながら歌うことで、自分たちのもつ声の可能性を引き出してもらっているように感じました。
時間はあっという間に過ぎていきました…。これを習慣化させながら、いつまでも健康で!声の進化を目指していきましょう
posted by chika at 18:21| Comment(0) | 浜松アルスアンティカとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

うれしい再会…IN 北海道

今年は、全国が異常気象の夏となっています。自然災害とはいえ、命にかかわる災害がおきないことを心から願っています。

さて、本当に久しぶりのブログ更新となり…正直、ログインのアドレスやパスワードにも変更が必要が出てしまう事態となったくらいです

今年の夏は、北海道旅行へ行きました!昨年のアメリカ旅行に引き続き、息子にとっては初旅行となります
ここで、久しぶりのうれしい再会がありましたので、ご報告します

さて、この方はだれでしょう?!

北海道@.JPG


「うわぁ、懐かしい〜!」とすぐに気付かれた方は、アルス歴の長い?!方ですよね⤴
そうですね。当時、静大生、若手ホープのメンバーとして一緒に歌っていた福田君です😃
今回の北海道旅行が決まった時に、北海道といえば!で連絡を取ってみたところ、このように再会の機会と至ったわけです


北海道旅行最後の夜、札幌にもどってきた私たちは、札幌すすきので福田君と待ち合わせ!この北海道旅行で1300キロ走破した私たちの疲れを癒してくれるかのように、美味しい夕食を食べに行きました
久々の再会に積もった話に花が咲き、気付いたら、おしゃれな食事の写真を撮るのも忘れてました…💦

食後に慌てて撮った一枚です↓

DSC_0849.JPG

「ブログ見てますよぉ。」の福田君の一言に、改めて、ブログ更新を決意する私でした。
福田君、とても!とても!楽しい時間をありがとう
あの後は、おすすめの観覧車からの札幌夜景を堪能しました
今度は、仕事で来たときでいいので、浜松に寄ってくださいね☆アルスのみんなも待ってます😃
posted by chika at 13:20| Comment(1) | 浜松アルスアンティカとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

クリスマスコンサート♪

 週末は…日本列島を横断する台風の猛威で、雨が続きます

 先週末21日(土)は、佐鳴台協働センターまつりに出演させていただき、30分のステージ演奏を披露しました
珍しい?!音楽の世界に、お客様からも声を掛けて頂き、メンバー共々楽しい時間を過ごさせて頂きました。
今回も趣向を凝らし?!色々なジャンルやアレンジを加えての曲も演奏しました

 今日、29日(日)は、市民合唱祭に出演させていただきました。
私たちが浜松アクトシティー会場に到着するころは小降りだった雨も次第に強さを増し台風接近を感じました。

 午前中、メンバーHさんのお店の2階を練習会場としてお借りして、ほどよい響きの中で、少人数アンサンブルの極意?!をメンバーで形状記憶しながら、充実した練習をしました。
 本番では、アクトシティーのホールの響きを楽しみながら演奏できました。一つ一つ学ぶ課題もありつつ、やはり歌は身体が資本です。息と声と発想を柔軟にしながら、これからも様々な歌い方にトライしていきたいと思います。

 さて、本題です12月2日(土)に森町にある三鞍の山荘というところで、コンサートを行います。
今井シェフによる本格的なフランス料理を堪能しながらのコンサートです。
是非、いらしてください。お待ちしております。

12月2日チラシ.doc
posted by chika at 18:06| Comment(0) | 浜松アルスアンティカとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月31日

2015年☆ご挨拶♪

 2015年がスタートして、気づけば早1ヶ月演劇
 アルスアンティカは今年も多分?マイペースに活動していきますわーい(嬉しい顔)
それぞれの毎日の中に心地よい時間(とき)を求めて集まる仲間達かわいい少ないメンバーですが、仲間が集まれば自然とそこにハーモニーが生まれる楽しさを味わえることは喜びでもありますグッド(上向き矢印)今年も、皆様にとって幸せがたくさん訪れる1年でありますようにexclamation

IMG_2093.JPG
富士山の景色(1月1日撮影)

遅ればせながら・・・・わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

IMG_2091.JPGIMG_2090.JPGIMG_2089.JPG
クリスマス&忘年会のときの写真をアップしますプレゼント

2014年03月27日

春の足音♪

__ (2).JPG
団長宅玄関前に咲く桜(3月23日)

全国あちこちで桜の開花宣言が報道されています。週末にここ浜松でも開花を発見することができました。わーい(嬉しい顔)ちょこんとかわいらしく顔を見せる桜や今にも開花しそうなエネルギーに満ちあふれた桜などこの時期の桜を眺めるのも心が和みます。るんるん


__.JPG

春の暖かい陽気に誘われるように佐鳴湖岸をお散歩しました。ここでも見つけた「春」他にも虫や鳥たちが春の訪れを喜んでいるかのようです。

 さて、この週末には久しぶりとなる見学者(=参加者わーい(嬉しい顔))をお迎えしました。
早速「団員募集チラシの効果かしら?!右斜め上」なんて。ぴかぴか(新しい)

 16日におこなわれたレッスンで学んだことを一つ一つ紐解くかのように(笑)、練習をしていきました。
身体に染みついた「癖」というのは恐ろしいもので、まだまだ繰り返し繰り返し…なのですが、方向性を合わせていくことで、極小アンサンブルー(長音記号1)の響きにも覚醒を目指していきたいものです。

 ご興味のある方、非日常にない音楽を体感したい方など…見学大歓迎です。お待ちしておりますねかわいい

2014年01月05日

WELCOME 2014♪

 新年あけましておめでとうございます。
今年も浜松アルス・アンティカをどうぞよろしくお願い致しまするんるん

 今年の干支は「馬」ですね右斜め上メンバーの中にも年男がいますよねexclamation&question
えっexclamation&question幾つかって?それは、是非、お会いしてみてくださいね。サプライズですわーい(嬉しい顔)

 今年の歌い始めは・・・1月11日(土)18:00〜ですぴかぴか(新しい)
場所は佐鳴台協働センターです車(セダン)

2013年04月14日

春のご挨拶♪

 桜の開花が例年よりも早かったせいか、春の訪れを感じています。かわいい
通勤途中にある桜並木やフラワーパークなどを眺めては、心癒されています揺れるハート

 先週の練習は、春の嵐(大雨)の天気予報に急遽練習を中止にしました。
何の被害もなくてよかったですね。わーい(嬉しい顔)

昨日は通常練習るんるんあいかわらずの少人数制ですがダッシュ(走り出すさま)

集まったメンバーが、音楽を媒介に同じ時間(とき)・空間を過ごす・・・ここに「有意義」がプラスされ、心の英気( いきいきと働こうとする気力。元気。という意味)を養うことにつながるのではないでしょうか。

 決して、ルネサンスをこよなく愛し、深く追求するだけの団体ではありません。(笑)
音楽の原点に還ることで、純粋に歌うことが好きな合唱団なのです。ですから、音楽経験や知識はないけど、「純粋に歌うことが好き」「声だけのハーモニーを体感してみたい」という仲間を待っています。



 活動場所はこれまでと変わりませんが、建物の名称が変わりました。
佐鳴台協働センター
練習日は原則毎週土曜日(18:30〜21:00)です時計駐車場あります車(セダン)

2013年02月10日

第23回静岡県ヴォーカルアンサンブルコンテスト

 先週末2月3日(日)に島田市民総合施設 プラザおるりというところで、ヴォーカルアンサンブルコンテストが行われ、久々にアルスも出場exclamation&question参加exclamation&questionしましたるんるん

 全メンバー参加とはいきませんでしたが、参加できるメンバーでより良いステージを創ろうとのぞみました。あまりステージに立つ機会がないため、私たちにとって一つ一つが良い修行の場となります。わーい(嬉しい顔)

 浜松駅を出発し東海道線の電車にゆられること40分、島田駅に到着しました。
事前練習を前に早速大事なexclamation忘れ物に気づいたメンバーがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

下の写真は、今回大活躍した「NEWピッチパイプ」&「大正琴」です。(どのように活躍したのかはご想像ください右斜め下
アンコン.jpg

アンコン当日にして、参加者全員そろって初ぴかぴか(新しい)練習できたこの時間は、アンサンブルコンテストにとって私たちにとってとても有意義なものになりました。(みんなで音楽を創り上げているって感じがしました。グッド(上向き矢印)
本番では、小事故も続出しましたがダッシュ(走り出すさま)、「楽しかったかわいい」「幸せだったかわいい」「(この曲を歌えたことに)感謝かわいい」というようなコメントをメンバーからもらいました。

右の写真は打ち上げの様子ですカメラアンコンA.jpg
この表情がすべてを物語っていますね右斜め上

2013年01月14日

新年のご挨拶♪

2013年が始動しましたるんるん
昨年中は、皆様に大変お世話になりました。2012年は、アルスにとって、30周年という節目の年を迎え記念コンサートを通して、形にできましたことは大きな意味のある年でした。
多くのメンバーが30周年を共に迎えている団というのも、大変珍しく貴重なことだと思っています。

2013年も一歩一歩アルスとしての軌跡が継続できるようまい進していきたいです。そしてexclamation×2ブログ管理者としては、今年こそ手(グー)こまめにブログ更新をしていきたいです。わーい(嬉しい顔)

さて、1月5日から練習が開始されて、12日に2回目が行われました。
新年いろいろ忙しく全員そろうことはないのですがたらーっ(汗)、その時々のサウンドは1回きりのライブですから大切にそして有意義にしていきたいと思います。

新年を迎えて、何か始めてみようかと思っている方右斜め上
是非、一緒に歌いましょうるんるん
お気軽にお問い合わせ下さいね演劇
 mail toアドレス・・・antiqua1982@gmail.com

2012年10月28日

浜松市民合唱祭 2012

 10月もあと数日…。すっかり秋らしい陽気になってきました。
10月21日(日)にアクトシティ浜松中ホールにて第10回浜松市民文化フェスティバルが行われ、私たちアルス・アンティカもcブロック(41番目)に出演しましたるんるん
 この市民合唱祭10時の開会式から始まり総勢59団体が出て終了が19時半という大きなイベントでもあります。

 今回は去る9月17日の記念コンサートにて演奏させて頂いた曲の中でも私たちの心に残る2曲を演奏しました。
 どの曲も長い期間向き合ってきたもので、どれ!とは決められませんが…コンサートのときとは違ったホールの響き味わうことができ、幸せな時間を過ごしました。

 それぞれ趣向の全く違う曲に、あらためて曲間やア・カペラならではの調性の取り方を感じました。
しかし!前で指揮をしながら思うのは、アルスの皆さんの集中力の高さです。右斜め上これは、リハーサルでの出来事を知るものぞ実感するはずですexclamation×2わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
今回も記録写真を取り忘れてしまいましたダッシュ(走り出すさま)

 芸術の秋?食欲の秋?運動の秋?実りの秋?是非、私たちの合唱団にも遊びに歌いに来てみませんか?お待ちしています。わーい(嬉しい顔)

2012年09月30日

続・30周年記念コンサートを終えて…♪

 昨日はコンサート以来となる初ぴかぴか(新しい)練習でした。
いつもの練習風景の中にも何か‘違う’ものを感じました。「充実感」「達成感」「満ちた感」…etc何でしょう?!わーい(嬉しい顔)

 さて、第2ステージからは、片山みゆき先生の指揮による演奏るんるん

P9170053.JPG
衣装はアルスの定番でもある三色ドレスです右斜め上
ムートンの「ミサ・アレルヤ」を通して、片山先生から<発声>や<歌唱>について多くのことを学びました。曲の出だし…5度跳躍は、ムートンの音の世界を感じるものでありながら、歌唱技法の多くを感じるものでもありました。
二声〜五声と編成は様々で、長い間この曲と共に歩みました。。。
歌えば歌うほど、Sanctus(感謝の賛歌)と Agnus Dei(平和の賛歌)の広く知られている歌詞にムートンの音楽が絡み合う音形を発見することができました。

 第3ステージは、今回の副題でもある 〜レクイエム 永遠の光〜を表すものでもありました。
故菅野浩和先生のもとで出会ったビクトリアの「四声のためのレクイエム」。出だしのF・Gで重なり合うあの何とも言えない旋律は、毎回歌う度にドキドキします。
今回はずっと歌いたいと懇願していた「Libera Me(我を解き放ちたまえ)」までも歌うことができて、一同感動です。
菅野先生の奥様とご子息様も東京からお聴きに来て下さり、心から感謝しております。
演奏会終了後に、お声を掛けて下さり菅野先生のお話ができたことは、感激でした。
プログラムの団長ごあいさつに述べられている言葉に、「アルス・アンティカ」の感謝が詰まっているように思います。

このレクイエムに片山先生ご推奨のグレゴリオ聖歌が深く・深く結びつけて下さったと感じています。グレゴリオ聖歌は、音を追う現代譜とは違って、言葉や口承で伝わってきた歴史を肌で感じるものとして、一曲一曲に片山先生の言葉があり、思い出があります。
私自身、留学時に学んだグレゴリオの世界を再度学べたことに幸せを感じます。
以前も書いたことがありますが、このグレゴリオがヨーロッパ音楽の基盤となっていったことを考えても、このグレゴリオ五曲を披露できて本当によかったです。

P9170077.JPG

P9170078.JPG

P9170083.JPG


 話は、まだまだ尽きませんが、こうして多くのお客様と共に30周年記念コンサートを終えられたことが、アルスの喜びであり、また次へのステップともなります。
どうもありがとうございました。





2012年09月23日

30周年記念コンサートを終えて…♪

 9月17日(祝)。九州地方から接近した台風の影響でお天気が心配されましたが、天気予報を覆すような恵まれたお天気わーい(嬉しい顔) ステキなことが起こるワクワクした気持ちでコンサートを迎えることができました。

 30年の長い歴史の重み?!を感じつつ…コンサートホールでおこなう今回の演奏会に、教会とはまた違った雰囲気をお届けできればとメンバー一同(少人数体制ながら)様々な形でこのコンサート運営に携わりました。

 午前中のリハーサルの中で、片山先生からの最終exclamationレッスンを受け、11つ基本に立ち返り、今までの【言葉】が真珠のようにキラキラと会場の中で空間ができあがっていくのを感じました。右斜め上
 と、同時に当日急遽試みることになった、ステージ配置換え…その名も‘シャッフル作戦’あせあせ(飛び散る汗)に戸惑ったメンバーたちがいたことも事実です。しかしexclamation×2そこは、アルスのカラーでしょうか?!何にでも真っ向に右斜め上ポジティブに右斜め上楽しんで右斜め上受け入れて順応してしまうところは、この団が長く続いている由縁でもあるのかもしれません。わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

IMG_6661-1_edited-1.jpg
団長の古き良き友人による記念写真の様子カメラ

IMG_6668-1_edited-1.jpg
ソプラノの仲間たちでするんるん 後半の練習にかける意気込み手(グー)とパワーは並々ならぬものがあります。

IMG_6671-1_edited-1.jpg
アルトの仲間たちでするんるん結束力の強いアルトは出席率も良かったですね。右斜め上

IMG_6676-1_edited-1.jpg
男性陣exclamation×230年間活動組が多いのは、この団の基盤でもあります。その上で、若者との融合がマッチしています。わーい(嬉しい顔)今回は、衣装に一工夫…これはアルス男性陣にとって、画期的革命なんです。わーい(嬉しい顔)

 第1ステージは、衣装を見てもご察しの通りいろいろな意味でカラーを出し、挑戦し、NEWスタイルアルスを全面に出したステージにしました。ぴかぴか(新しい)

 次回は、しっとりと第2ステージから…をお伝えします。




2012年09月02日

アルスの夏2012 E

 9月に入りました。虫の音も少しずつ秋を感じる…ところですが。まだまだ暑い×2残暑の毎日です晴れ

 昨日の練習では、各パートが練習開始時間前に集まりパート練習なるものをする右斜め上など、コンサート本番を前にしたメンバーの気持ちの高まりを感じる空間でしたるんるん

 昨日はコンサートの中でアナウンスをして下さる田原佳代子さんをお迎えしてのリハその@となりました。さすがにプロの方です。わーい(嬉しい顔)あの、心地よい(口調)音が第1部の曲間に入るのだと思うとワクワクしてきましたハートたち(複数ハート)
親しみやすいように曲解説を考案したベースのY氏にも感謝ですぴかぴか(新しい)
 今までのアルスのコンサートにはなかった試みですので…楽しみですわーい(嬉しい顔)

 さて、第3部にある題目は、私たちのコンサートの趣旨でもあります。
私たちが生を受けてこの世に誕生し、命を繋いでいくこと…。「聖なる」「生なる」「誠なる」「正なる」ものをいろいろな形で感じ、表現していく日々。当日来て下さるお客様と空間を共有できれば幸いです。

演劇ご報告‘バースデーCongratulations on birth.
アルスのメンバーでもあるSちゃんに第1子となる男児が誕生しましたるんるん
母子共に健康。コンサートの成功をお祈りしているメールをいただきましたmail to
メンバー一同、幸せを味わい新しい命の誕生を喜んでいます。ホントにおめでとう右斜め上




2012年08月30日

アルスの夏2012 D

 8月が終わろうとしています…。今年の夏も暑かったふらふらというより、まだ暑いというのがホントのところです。晴れ
暑い陽気に誘われるように川遊びやアウトドア三昧の夏でした右斜め上

 さて、コンサートまであと1ヶ月をきり…マイペースなメンバーたちも思い思いの形で楽曲と向き合い伝えたい‘想い’を膨らめていっている頃でしょう。

 今回はコンサート1曲目に唯一の英語歌詞exclamationイギリスのマドリガルをお届けしまするんるん

 ここで、マドリガル(イギリス編)について調べてみました本

【ポリフォニー全盛時代】より気になった部分を抜粋しました。。。
〜ようやく言葉を聞き取るためにはどうしたらいいか、ということが考えられるようになった。聞いている人に言葉が聞こえるように工夫されたのがシャンソンとマドリガルにおいてであった。人間中心の音楽が求められたのである。〜
〜彼らのマドリガル作品には柔らかさと明晰さがあり、牧歌的歌詞と軽快でユーモアに富んだ気分が特徴である。言葉のアクセントを重視する傾向も強く、北イタリアで追求されたモノディー様式への歩みは、イギリスではリュート伴奏付のエアと呼ばれる独唱歌曲の流行として現われた。〜

こんな部分が伝わると…いいなぁグッド(上向き矢印)





2012年08月06日

アルスの夏2012 A

 昨日は男性陣が自主練習をしましたわーい(嬉しい顔)
集まれるメンバーでexclamationとのことで、写真の5人衆で集中練習でするんるん

練習@.png


頑張った後にはこの笑顔が待っていますグッド(上向き矢印)充実感に満ちていますぴかぴか(新しい)素晴らしです☆☆☆

練習A.png



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。