2009年11月13日

コロ・フェスタ2009in福山よりC

 さて、一泊二日の福山旅行記コロ・フェスタ2009初参加の旅報告演劇も最終章でしょうか。わーい(嬉しい顔)右斜め上

 11月8日のメインコンサート

参加団体は…地元の歓迎演奏(ジュニア合唱団)とクロージング・コーラス(大合唱隊)を含めれば24団体ありました。
私たちのように複数団体が“この日!”のために、結成された合唱団もあれば、遠くは北海道から参加した団もあり個性豊かな様々な歌人たちを観ることができました。目
 演奏形態も私たちのようなア・カペラからヴァイオリンやコントラバス、三絃と合唱がコラボするっといった演奏まであり、歌って良しexclamation聴いて良しexclamationの質の高い×2グッド(上向き矢印)ステージが続きました。
 
PM5:31福山発 のぞみ新幹線
   ↓
PM8:10浜松着
到着後、息子が大興奮する珍(笑)ハプニングがありつつも…、有志一同無事に浜松に帰ってきました。わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

 この週末は、多くの新鮮グッド(上向き矢印)体験をし、さらに広い音楽の世界を見聞(体感)することが出来ました右斜め上
主催の福山実行委員会、21世紀の合唱を考える会、合唱人集団「音楽樹」をはじめとする、関わった全ての方々に感謝申し上げます。(完)



 
 
 


posted by chika at 15:51| Comment(1) | TrackBack(0) | アルスDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コロフェスタ道中記、完結しましたね!無事のご帰還よかったです。
(なお、次は長野県松本市だそうです。)
で、こんなところに申し訳ないのですが、突然の書き込みをお許し下さい。
来る12月26日に自由学園明日館で開催するコンサートのご案内をさせて頂きます。

曲目は、私たちの<必須科目>であり心の拠り所でもある、「グレゴリオ聖歌」に加え、ピアニストに寺嶋陸也さんをお迎えし、氏の編曲作品の数々を演奏致します。
重要文化財に指定されている自由学園明日館のレトロな会場で、寺嶋陸也編曲の、明治から昭和30年代までの懐かしい歌たちを、しかも氏ご自身のピアノでお聴き頂けるコンサートです。
皆様のご来場をお待ちしております!

<“うたびと”たちの音楽会2009〜寺嶋陸也さんと共に>
日時:12月26日(土) 午後2時開演(開場1:30)
場所:自由学園明日館 講堂(池袋駅西口下車徒歩5分)
出演:指揮 片山みゆき
    ピアノ寺嶋陸也
    合唱 うたびと“風”のつどい
        アンサンブル風音・女声アンサンブル碧
        グレゴリオ聖歌を歌う会・女声アンサンブルきなりね
        自由が丘グレゴリオ聖歌を歌う会・うたびと“風”のつどいジュニア
曲目:グレゴリオ聖歌
    Dominus dixit ad me, Hodie Christus natus est ほか
   
   寺嶋陸也編曲作品
    見渡せば 「明治の唱歌編曲集」より 見渡せば、庭の千草 ほか
    「女声合唱とピアノのための流行歌メドレー」⇒⇒★★出版間近です★★
      戦前篇   ふるさとの岸をはなれて  君恋し、東京音頭、椰子の実 ほか 
      戦後篇1  君に会ううれしさの    りんごの歌、東京ブギウギ ほか
      戦後篇2  しあわせは空のうえに   別れの一本杉、上を向いて歩こう ほか
    ふるさと「明治・大正・昭和の唱歌編曲集」より
      海、冬の夜、ふるさと ほか

入場料:1500円(全席自由)

お問合せ:04-7184-0093(阿部)
     cdo90120@par.odn.ne.jp
Posted by 大内美智子@うたびと風のつどい at 2009年11月16日 09:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。