2009年11月10日

コロ・フェスタ2009in福山よりA

2009年11月8日(日)

AM8:30 出発
リーデンローズA.JPG
ホテルから会場まではのんびり歩いても10分ちょっとくつ
朝の空気をたっぷり吸いながら右斜め上身体をほぐしていきました。

AM9:10〜 集合、ウォーミングアップマッピング

AM10:30 本番

プログラム.JPG

【〜各団、活躍する場所や世代は全く異なりますが、グレゴリオ聖歌を<必修科目>とするのは共通です。
学べば学ぶほど、一筋縄ではいかない奥の深さが見えてくるグレゴリオ聖歌。特に昨今は、点や鉤形などで表される、図形楽譜のような「古ネウマ」に戸惑いつつも、全ての音楽に共通する、音の躍動感や音の意味を自分の身体を通して表現する楽しみをも感じています。〜】
プログラム(プロフィール)より

素敵なホールの響きの中で、心通い合う演奏ができたことが本当にexclamation嬉しかったです。今回同行した息子も私たちの演奏が始まると、(不思議と?!)静かにママたちのいるステージをじ〜っと見つめ、大きな拍手をしてくれて…。子どもからも大っきなパワーをもらいましたグッド(上向き矢印)
演奏が終わって外を見ると…先ほどまで曇っていた空が一転exclamation×2燦々と太陽の光あふれる汗ばむ陽気になっていました晴れ
本当に貴重な経験になりました。全てに感謝です右斜め上

リーデンローズ@.JPG
リーデンローズ(会場)入り口ですカメラ

かわいいばら≠ニ福山の素敵な関係かわいい
【福山市は空襲によって市街地の約8割を消失してしまいました。
そんな時「荒廃した街に潤いを与え、人々の心に和らぎを取り戻そう」と現在のばら公園周辺の住民の手によって、1956(昭和31)年にばら苗1000本が植えられ、真っ赤な花を咲かせました。
この熱意は人々の心を打ち、1968年には「全国美しい町づくり賞」優秀賞を受賞しています。
1985年には市の花にも制定され、ばら≠通して培った思いやりの心は、「100万本のばらのまち福山」づくり運動となって推進され、市民の生活に定着し、今に伝えられています。】
観光ガイドより

そんな自然と文化のあふれる福山をもう少し観光してみましたわーい(嬉しい顔)手(チョキ)(次へ続く…)





posted by chika at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アルスDiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。